infinite+carouSel function

Created with Sketch.

infinite+carouSel function

こんにちはEveryDaySoft代表の永田です。

放物線上におけるWidget機能を作成するために無限スクロールとカルーセル機能を結合しました。実装時間は2時間ぐらいだと思います。

この機能と作成したリンクの機能を結合するので、もう機能は作成済みです。

放物線上におけるWidget機能は作成済みです。

今回作成した無限スクロールとカルーセル機能の結合したソースコードのリンクです。

挙動

ハッキリ言うと難しいです。なぜなら答えがなく作成しているからです。

ただ業務における凄まじいソースコード量でのロジックにつぐロジックに対しては、簡単です。

以前に作成した曲線、及び放物線上でも角度にたいして好きなWidgetを配置したいモチベーションから作成する動機に至りました。業務でも使用すると思います。

今回の作成したロジックはWidgetのサイズによって、アニメーションの変化量などを様々に変更しなくてはいけないので、細かく説明は割愛します。プロパティ値を変更するようにしているので、極力簡単に設定できるようなロジックにしてます。

ポイント

一度に配列に設定する値の数によって、計算値を簡単な法則で変更します。

Widetのサイズでアニメーション量が異なるので、戻るアニメーションも一つの法則で設定します。一度プラスの値を作成するとマイナスでもプラスでも機能します。

なんでこの数値かというと1.5づつ値を増減しているので、1回のスワイプ動作で増減値を設定しています。

5の場合は表示が

3,4,5なので、

3*1.5です。

10の場合は表示が

7,8,9なので、

7*1.5です。

15の場合は表示が、

12,13,14なので、

12*1.5です。

というように各所に法則、ルールを設け、因んだ計算式などを組み込んでいきます。

で動画挙動のようなロジックを作成していきます。

このようなロジックの作成するコツは、どの数値にもあう法則、ルールを作ることです。

貴重なお時間、お読みくださいまして、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です